Here to Beのミッション

Here to  Be

Here to Be

「Here to Be」はlululemonの社会貢献プログラムであり、体を動かすこと、マインドフルネス、およびアドボカシーを通して、ウェルネスにおける不公平を解消することを目指しています。 

人は、誰もが健康に生きる権利を持っています。私たちは、心の傷(トラウマ)が大きな痛手となることを認識しており、体を動かしマインドフルネスを実践することで健康な心身と人間関係をサポートできると信じています。しかし制度上の不公平が、実践への参加を阻む障壁となっていることも事実です。Here to Beは、運動とマインドフルネスを必要とする人が実践に参加できるようにするために創設されたプログラムであり、誰もがより良く生きられるよう制度上の変革を起こすことを提唱しております。 

 

Here to Beの取り組み 

lululemonは、体を動かすこととマインドフルネスの治癒力を大切にして活動する組織や、公民権や人権を擁護する組織とパートナーシップを結んでいます。私たちは以下のような支援を行っています。 

  • •   資金提供 – 申請制の助成金、招待制の助成金、プロダクトの寄付 
  • •   つながり – リソースの共有、学習の機会、コミュニティ構築 
  • •   強化・拡散 – 全プラットフォームを使った社内・社外向けのストーリーテリング 

私たちは、以下のコミュニティを支援するグローバル、国、地域レベルの組織と協力しています。 

  • •   人種・民族的アイデンティティ、LGBTQ+、およびハンディキャップのために制度上の不公平に直面している人々 
  • •   若い世代 
  • •   人道的支援および災害救援に携わる人々 

 

2020年の資金応募は終了いたしました。
2021年の資金応募の機会について通知を受け取りたい場合は、HERETOBE@LULULEMON.COMにメールでお問い合わせください。

私たちのパートナー

アジア地域のパートナー

アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパのパートナー

北米のパートナー