Here to Be

Here to  Be

ヨガとメディテーションを通して、コミュニティや個人に変化が生まれる機会を提供します。

 

Here to Beは、ヨガとメディテーション(瞑想)を通して、社会的、肉体的、経済的障壁を

取り払う試みを行うlululemonの社会貢献プログラムです。

 

なぜヨガ?

lululemonを根底で支えるのはヨガ。ヨガとメディテーションは、たとえ困難な状況にあったとしても

精神的・肉体的な健康と強さを与え、まわりとのつながりを築くツールであると考えています。

 

隔たりなく誰にでも

ヨガ、メディーテーション。近寄りがたく感じる人もいますし、地理的、身体的、経済的に障壁があってアクセスが

難しい人たちもいます。Here to Beでは、このような障壁に取り組んでいる非営利組織とパートナーシップを組み、

暴力や事故の被害者、疾患や障害を持つ人、社会的差別や偏見を受ける人、支援が必要な若い世代などをサポートしています。

 

インパクト

コミュニティのニーズが様々なのと同じように、パートナーを組む非営利組織のニーズも様々です。

lululemonでは、イベント、募金活動、資金提供、物品提供などを通して、パートナーをサポートしています。

具体的なサポートの例としては、インストラクター代の提供、指導者トレーニングの奨学金、ヨガマットの寄付、

トレーニングのためのストアスペース提供、地域のリーダーを集めた意見交換やリソースの共有などが挙げられます。

現在までに、Here to Beは世界中で300を超える非営利団体とのパートナーシップ、約540万USドルの投資、

8000枚以上のヨガマットの寄付をしています。

 

 

Here to  Be