Insider’s picks

Staycationの過ごし方

海外でのバケーションがしばらくお預けなら、近場でリラックスして過ごせるステイケーションがおすすめ。ルルレモンブランドのインサイダーたちが、日常を忘れる優雅なホテルや、自然に囲まれたキャンプサイトなど、意外に近くにあるロケーションでの楽しみ方を、おすすめアイテムと共に紹介します。
null

左:アンドリュー・ポリンズ | グローバルプロダクション
右:アンセア・ルック | ブランド&コミュニティ

ホテルのステイケーションは、ひたすらのんびりリラックス。一日中部屋で過ごす日にアンドリューが勧めるのは、動きやすく快適なIntent ジョガー。「やわらかくて吸汗発散性もあって、すごく動きやすい。パッと汗をかきたくなったら、そのままホテルのジムに行って軽くワークアウトできるしね。」汗をかいた後や、寒い季節にはFleece Back ソフトシェルを羽織れば完璧。

部屋の中で過ごすのに飽きたら、ホテルの周りを散策してみない?そんな時アンセアが必ず着ていくのは、防水性なうえに吸汗発散性もあるRain Rebel ジャケット。お気に入りのAlign パンツ とコーデすれば、スタイリッシュなリラックスコーデが完成。ホテルのステイケーションに欠かせないスパやブランチをめいっぱい楽しんで。

null

左:ベニー・ウー | バイヤー
右:ユンビー・キム| コミュニティコネクター

街から離れた山の中のリゾートは、スマホもほぼ圏外...でも、何だか忙しさやノイズから解放された気分で、心に余裕ができるのにも気づくはず。

自然の中のリゾートは、インドアでもアウトドアでも楽しめるアクティビティがいっぱい。シーンや天候に合わせて調整できるレイヤーやロングスリーブ、そして通気性の良い素材のアイテムを選ぶのが正解。ユンビーのおすすめはメンズ・ウィメンズ共に展開するDown For It All ジャケットシリーズ。「軽くて暖かくて、どんな天候にも対応するジャケットは必需品ね。」ジャケットの下にはRest Less プルオーバーを着れば、快適さもスタイリングも両方クリア。

ベニーが絶対に持って行きたいEngineered Warmthジョガーは、晴れた日のアウトドア アクティビティに最適なアイテム。

インサイダーたちが声をそろえておすすめするのは、ポケット機能も便利なCruiser バックパック。ウィークエンドの小旅行には、やっぱり頼れる機能性のバッグが一番。

null

左:ティム・キャンベル=スコット| エリアディレクター
右:ヨシエ・タジマ| ブランド&コミュニティ

休日は自然に囲まれてキャンプを楽しむヨシエとティム。 気温が下がるこの季節のキャンプこそ、美しい自然をじっくり楽しむチャンスと言います。

それでも日中はハイキングやキャンプ準備で汗ばむ場面も。それも想定内のヨシエは、深いサイドポケットが便利な軽量のAdapted Stateジョガーを、Wunder Puffジャケットとコーデ。「Glyde™素材は撥水性だし、ドローストリングを絞ってシルエットを変えられるところが気に入ってるの。」

せっかくキャンプに来たなら、近場のトレイルにも挑戦。吸汗発散性、摩擦に強いSurge Warmハーフジップはハイキングに最高だよ、とティム。その上にNavigation Down ベストを羽織れば、風や雨に対応しつつ、スタイリッシュでスマートなスタイルが完成。

 

次のバケーション、どれにする?

あなたのステイケーションにぴったりなルルレモンのギアは、こちらから。